テクノロジーの雑学・豆知識

PC・スマホ、プログラミング、電子機器、電化製品についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

Microsoft ネットワークへの接続を無効にする

「 Microsoft ネットワーク用クライアント」とは、家庭内 LAN の他のパソコンに接続しているプリンタや共有フォルダを、自分のパソコンから使えるようにする機能です。

そのため家庭内 LAN の共有フォルダや共有プリンタにアクセスするユーザーは、この機能を無効にできません。またこの機能は「 NetBIOS over TCP/IP 」を有効にしないと使えないので、家庭内 LAN の他のパソコンがウイルスに感染したときに悪影響を受けるリスクもあります。この場合は代替策として、ルーターはセキュリティ機能を搭載したものを使い、他のパソコンもしっかりウイルス対策を行ってください。

共有フォルダや共有プリンタを使わないユーザーや、インターネットに接続するパソコンが 1台のユーザーは、家庭内 LAN に参加する必要がないため、「 Microsoft ネットワーク用クライアント」を無効に設定します。また 「Windows の共有設定を無効にする 」「NetBIOS over TCP/IP を無効にする」 も設定します。

 

それでは以下に「 Microsoft ネットワーク用クライアント」を無効に設定する方法を説明します。

・「スタート」ボタン→「コントロールパネル(C)」をクリックします。「コントロールパネル」画面が開いたら、「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

 

・「ネットワークとインターネット接続」画面が開いたら、「ネットワーク接続」をクリックします。

・「ネットワーク接続」画面が開いたら、「ローカルエリア接続」をクリックします。「ローカル エリア接続の状態」画面が開いたら、「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。

 

・「ローカル エリア接続のプロパティ」画面が開いたら、「 Microsoft ネットワーク用クライアント」のチェックマークを外します。「 OK 」ボタンをクリックし完了です。