フリーソフト「壁カレ」の使い方を解説


対応OS:WindowsXP/Vista/7

壁掛けカレンダーをイメージしたデスクトップカレンダースケジューラーソフトです。 最大12ヶ月のカレンダーを表示し、様々な情報をカレンダー内に表示します

   ◆ ダウンロードするには 

   ◆ 使い方

 

ダウンロードするには

   

  • 万一のトラブルに備えて「システム復元ポイント」を設定しておく。
  1.   「 壁カレ」 をクリックする
     
  2. 「ダウンロード」をクリックすると次の画面に切り替わる。
     
  3. 「ダウンロード」をクリックすると《ファイルのダウンロード》画面が出る。
     
  4. 【保存】をクリックすると《名前を付けて保存》画面が出る。
     
  5. 「保存する場所」と「ファイル名」を確認⇒【保存】をクリックするとダウンロードが始まる。
  6. ダウンロードが終わると《ダウンロードの完了》画面が出るので【閉じる】をクリックする。
     
  7. デスクトップに表示されたアイコン【KabeI3900.EXE】をダブルクリックする次の画面が出る。

    f:id:BNB:20190407205842j:plain

  8. 【実行】をクリックすると《壁カレ3インストーラー》画面が出る。

    f:id:BNB:20190407205854j:plain

  9. 【次へ】をクリックする⇒移行は画面の指示に従って操作する。
  10. デスクトップのアイコン【KabeI3900.EXE】は削除する。
 

使い方

  • パソコンを起動するとデスクトップに次のような前月、当月、次月の3ヶ月カレンダーと週間予定一覧画面が出る。

    f:id:BNB:20190407205917j:plain

    「壁カレ」は常駐ソフトであるから通知領域にアイコンが表示される。

  • 左側の「週間予定一覧」はしばらくすると自動的に消える。下の画面の【週間予定表示】をクリックすれば「週間予定一覧」が表示される。
  • カレンダーの表示月を変えるには、
    カレンダーの何もないところを右クリック⇒一覧から【表示日付変更】を選択⇒一覧から目的の項目を選択する。 

    f:id:BNB:20190407205932j:plain

  • 予定を書き込むには、
    カレンダーの日付を右クリックして出る上の画面で【イベント設定】を選択すると次の画面が出る。この画面から予定に変更や取り消しもできる。

    f:id:BNB:20190407205948j:plain

    注意: システム復元を実行すると、復元ポイント以降に入力した予定が消えるので注意。

  • カレンダー表示を消すには、通知領域の「壁カレ」アイコンを右クリック⇒一覧から【壁カレ終了】をクリックする。
    再び表示したいときは、「スタート」メニューの「スタートアップ」にある「壁カレ」アイコンをクリックすればよい。